2013年11月21日木曜日

S-Fマガジン「リーダーズ・ストーリィ」終了について

40年以上の長きに亘り、S-Fマガジンの名物?コーナーとして続いていた「リーダーズ・ストーリィ」が、2013年12月号をもって終了となりました。小説現代の「ショート・ショートコンテスト」と並び、アマチュア作家にとっては商業誌に自作品が載る数少ない掌編コンテストだっただけに非常に残念です。

「リーダーズ・ストーリィ」の存在を知ったのは今から17、8年ほど前の事でした。以後、毎月の入選作を読みあさり、傾向と対策を練りつつ、自らも入選を夢見て書き始めました。
しかしそこはロクにショートショート、それもSFなんて書いたことにない自分。規定の「5枚程度」をどうしても仕上げることができずに断念。やがてS-Fマガジンも購読しなくなりました。

時は流れ2004年春。学生時代の友人の某マンガ賞受賞の知らせを聞き一念発起。S-Fマガジンを買いに書店へ走り、あの頃どうしてもまとめきれなかったアイディアを一気に書き上げました。それが初投稿作の「移住」です。親の仕事の都合により、夏休みを前に憧れの電脳世界へ移住することになった少年と、彼を羨ましそうに囲むクラスメイトたち。しかし、肉体の消滅を「死」と捉える旧世代の担任教師は彼の旅立ちを祝福することができない──とまぁ、ありがちなストーリーなわけですが、これが選評に掲載され調子に乗りました(笑)。「選評1回はまぐれかもしれない。人に「小説書いてます」と言えるには少なくとも2回載らないと」「入選1回はまぐれかもしれない。2回目が…」「キリのいいところで5回載りたい」「ここまできたら10回」などと続けているうちに、9年間で37作も投稿していました。

入選作についてはブログ等で紹介頂いている方もいらっしゃるようですが、せっかくなので防備録も兼ねて全投稿作のリストを載せておきます。先頭のマークは○が入選、△が選評止まり、×が落選(選評にも載らず)です。その後に作品名、投稿年・月、枚数、【 】内が掲載号です。選評止まりや落選作のなかには、ショートショート仲間主催の同人誌、電子書籍、ブログ等に掲載されているものもあります。


△移住(2004.05・6枚)【2004年11月号「選評」】
×優しい黄昏(2004.10・7枚)【2007年12月発行『没稿』掲載】
○美しい思い出(2004.11・7枚)【2005年3月号「入選」】
×ブルー・ムーン(2004.12・6枚)
×師は舞い降りた(2005.01・6枚)【2007年12月発行『没稿』掲載】
×佳き日のために♡(2005.02・7枚)
×最後の狂戦士(バーサーカー)(2005.03・7枚)
×シーチキン・コミュニケーション(2005.04・7枚)【2011.02.14 puboo「セラエノの小さな物語 ~小説現代、S-Fマガジン常連掲載者5人の送るショートショート集~」掲載】
△不適合遺産(2005.05・6枚)【2005年8月号「選評」】
△スティション(2005.06・6枚)【2005年9月号「選評」】
△結ばれた未来に(2005.07・6枚)【2005年10月号「選評」】【2007年12月発行『没稿』掲載】
△案山子(2005.08・6枚)【SFマガジン「2005年11月号「選評」】
×クライシス『痔・空間』(2005.10・6枚)
○楽園(2005.12・6枚)【2006年3月号「入選」】
△保障期限(2006.01・6枚)【2006年4月号「選評」】
○開拓者(2006.02・5枚)【2006年6月号「入選」】
○穏やかな午後(2006.04・6枚)【2006年8月号「入選」】
○生まれ変わる前にもう一度あなたを抱きしめたい(2006.06・6枚)【2006年10月号「入選」】
○団欒アーカイブス(2006.08・6枚)【2007年2月号「入選」】
○下から見上げた気象予報図(2006.11・6枚)【2007年5月号「入選」】
○オレンジ色の孤島(2007.03・6枚)【2007年9月号「入選」】
○約束の日(2007.09・6枚)【2008年1月号「入選」】
○お祝いのことば(2007.12・5枚)【2008年5月号「入選」】
○保護条例により……(2008.05・6枚)【2008年9月号「入選」】
○いつか星を発つ日のために(2008.09・6枚)【2009年1月号「入選」】
△歪み咲く桜の下で(2008.11・6枚)【2009年3月号「選評」】
△最初の晩餐(2009.04・6枚)【2009年7月号「選評」】【2011.02.14 puboo「セラエノの小さな物語 ~小説現代、S-Fマガジン常連掲載者5人の送るショートショート集~」掲載】
△方舟のゆくえ(2009.06・6枚)【2009年9月号「選評」】【2011.02.14 puboo「セラエノの小さな物語 ~小説現代、S-Fマガジン常連掲載者5人の送るショートショート集~」掲載】
△星権交代(2009.08・6枚)【2009年11月号「選評」】【2011.02.14 puboo「セラエノの小さな物語 ~小説現代、S-Fマガジン常連掲載者5人の送るショートショート集~」掲載】
○ショート・コンタクト(2009.10・6枚)【2010年1月号「入選」】
○果肉祭(2010.03・6枚【2010年7月号「入選」)】
△国営時間旅行機構(2010.09・6枚)【2011年1月号「選評」「サイトーブログ」2010/12/14掲載】
○永遠の日曜日(2011.02・5枚)【2011年6月号「入選」】
△サプライズ(2011.07・6枚)【2011年12月号「選評」】
△陽光の時の間で(2012.01・6枚)【2012年7月号「選評」】
△慈しみの森(2012.10・6枚)【2013年3月号「選評」】
○平成百三十年(2013.06・6枚)【2013年10月号「入選」】

応募数37作/計224枚/入選16作/選評止まり14作/落選7作/選評以上掲載率81.0%/入選率43.2%


こうしてみると壮観ですが、全部で224枚ということは薄めの文庫本1冊分ですから、結構書いているようでそんなに書いていませんね(笑)。
何はともあれ、自作品が商業誌に掲載される喜びを初めて味わったのも、原稿料なるモノを頂いたのもこのコーナーでした。投稿を通じ、プロ/アマチュア作家の方々との繋がりもできました。コーナーがなくなることは残念ですが、このような場を開いてくれたS-Fマガジンには大変感謝しています。

さて、これからどうしようかといったところですが…。
これからも発表の場を求め、投稿のチャンスを窺いつつ、彷徨うことになるでしょう。
まずは小説現代「ショート・ショートコンテスト」を目指しますか。

2013年8月27日火曜日

SFマガジン「リーダーズ・ストーリィ」に入選しました

SFマガジン2013年10月号の「リーダーズ・ストーリィ」に、拙作「平成百三十年」が掲載(入選)されています。
報告が遅れましたが、6月に投稿したものです。
2005年3月号の初掲載から数えて、16度目の入選となりました。
嬉しい限りです。
書店にお立ち寄りの際にでもご覧いただけると幸いです。
206ページから208ページです。


2013年5月15日水曜日

みちのく怪談コンテスト傑作選2010

以前告知していました「みちのく怪談コンテスト傑作選2010」(荒蝦夷刊)がついに発行されました。
拙作も2作収録されています(コンテストに入選はしていませんが…)


お求めは荒蝦夷取り扱い書店、もしくはhontoネットストアでも取り扱っています。
ご興味がありましたら是非。

2013年5月3日金曜日

ハザマさん

#twnovel ハザマさんは時の狭間に住んでいて、僕の人生の節目に現れてはアドバイスをくれる。そんな彼が、G.W.後半の混雑スポットを教えてくれると言う。どうせバイト漬けだし関係ないけど、一応聞いておこうかな。近寄らないようにするよ。そう答えると彼は言った。「お前のバイト先」

全自動選択機

#twnovel 友人が「全自動選択機」を購入した。効果は抜群。それまで優柔不断を絵に描いたようだった奴が、次々と物事を決断するようになった。仕事にも活かし、デキる男と評判らしい。「で、いつまで得意げに語ってんだよ。お前そんなにお喋りだったっけ?」「済まん。感想機能付きなんだ」

いつもの

#twnovel 「いつもそれね。選ぶの面倒?」いつもの店でいつものサラダ、そしていつものドレッシング。変わり映えしない僕の行動を彼女は笑う。僕は言い訳がましく否定する。違うよ、一途なだけ。迷って隣の彩り鮮やかなドレッシングに伸ばしかけた僕の手を彼女が突然遮った。「やっぱりダメ」

ハザマさん

#twnovel ハザマさんは時の狭間に住んでいて、僕の人生の節目に現れてはアドバイスをくれる。そんな彼が給料日前の金欠な日に現れた。近い将来首が回らなくなると言う。借金?どうしてそうなる前に教えてくれなかったの?詰め寄る僕に彼は言った。「心配するな。寝違えたくらいで人は死なん」

ヒトデ不足

#twnovel ラジオで聞いたのだが、被災地では深刻なヒトデ不足らしい。珊瑚礁を食い荒らす厄介者だと思っていたが、足りなくて何が困るのか。「ヒトデだって生態系を形成するピースの1つであろう」教授の言葉に納得し提案する。「ヒトデを養殖して被災地に届けようと思うんです」「就職しろ」

タイ人関係

#twnovel 今朝の占いでタイ人関係が急上昇って言ってたけどタイ人に知り合いいないし。なんて真顔で言うもんだから、カレー屋のイケメン、タイの留学生だよとからかったら通い始めちゃって…。何で頭を抱えてるかって?披露宴のスピーチでこれをどうやって美談に仕立て上げるかで悩んでんの。

#twnovel 「普段は花なんて興味ないのにね」この街に訪れた桜の季節。枝の陰で咲く小さな花弁に目を止めた僕を彼女は笑う。違うよ、君が雑踏の中にいてもすぐに見つけられるのと同じ理屈さ。柄にもないセリフに内心冷や汗を流す僕の顔を彼女が覗き込んだ。「散った後もよそ見しちゃダメだよ」

2013年4月1日月曜日

ハザマさん

#twnovel ハザマさんは時の狭間に住んでいて、僕の人生の節目に現れてはアドバイスをくれる。そんな彼が浮かない顔で現れた。春の人事異動で僕の担当を外されたという。え、そういうのあるの!? 驚いて詰め寄る僕に、彼はバツが悪そうに顔を背けた。「あの、いや、だからエイプリルフー…」

ハザマさん

#twnovel ハザマさんは時の狭間に住んでいて、僕の人生の節目に現れてはアドバイスをくれる。そんな彼が、僕がお花見中に救急車で運ばれると教えてくれた。大変だ、お花見はやめて家で食べるよ。持ち込むつもりだったお総菜をバッグから出して食べ始めた僕に彼は言った。「それ、傷んでるぞ」

性格を映す鏡

#twnovel 博士が発明した「性格を映す鏡」を婚約中の彼女に向けると、最悪な女が映った。僕は即刻婚約を破棄し彼女を捨てた。鏡に映る僕は素晴らしい人格者、女なんて幾らでも寄ってくるさ。上機嫌の僕を博士が呼び止めた。「説明するまでもないと思うが、鏡は正反対に映る性質を持っておる」

#twnovel 幼い頃、祖父の家で桜を見た。「これは去年の春からずっと咲いてるんだ」置いてけぼりをくって北へ帰れない白鳥と同じで、散り際を誤ってな。祖父を亡くしたのは半年後の秋のはずだが、桜の花がはらりと棺に舞い降りた遠い日の記憶はあながち間違いでもないのではないか、とも思う。

ハザマさん

#twnovel ハザマさんは時の狭間に住んでいて、僕の人生の節目に現れてはアドバイスをくれる。そんな彼がマスクをして現れた。黄砂?PM2.5?それともまさか花粉症とか?これから外出するんだけど、マスクした方がいい?気になって尋ねると彼は台所を指した。「流しの生ゴミが腐ってる」